給湯器の異常

相談しあう外国人社員

石油給湯器の故障で多い事例はバーナーに点火しないトラブルです。このようなトラブルはバーナーのノズルが不純物によって目詰まりすることで発生します。 古い灯油タンクはタンクの下部に水が貯まりやすく、燃料の灯油に水分が混在して石油給湯器にトラブルが発生するケースもあります。また、石油給湯器の電磁ポンプや電気系統が故障すると、ノズルに灯油が循環しなくなり、バーナが点火できません。 灯油タンクの水抜きは自分でもできますが、基本的に石油給湯器を修理するのは製造メーカーや購入した業者、専門の修理業者です。故障が発生した場合、石油給湯器のリモコンには故障の原因を知らせるエラーメッセージが表示されます。石油給湯器の修理業者はこれらのメッセージから故障の原因を探し出し、必要がある場合には部品の交換や修理などを行います。

石油給湯器とは、いわゆるボイラーのことです。 石油給湯器には大まかに2つのタイプがあり、それらは水道直圧式と減圧式という名称で分類することができます。水道直圧式の石油給湯器は水道の圧力と同じ水圧でお湯を給湯することができるものを指し、減圧式の石油給湯器は水道の圧力よりも幾分か水圧の低いお湯が給湯されるものを言います。直圧式の商品と減圧式の商品ではそれぞれに利点や欠点もあり、特に水圧が強いという点で給湯の勢いは直圧式のものの方が強いのですが、反面水圧が強いため水道管の破裂などのリスクも減圧式に比べて高くなるという点が挙げられます。 こういった点から一概にどちらの商品の方が優れているということはありません。各家庭の条件や用途によって正しいものを選ぶことが大切です。